Google Adsenseに一回で合格した方法を解説します(10時間で通った理由)

ブログ

こんにちは。

 

ついにこのブログにも、

Google Adsenseを貼ることができるようになりました!!

 

Google AdsenseとはGoogleが提供している広告素材のことで、ユーザーがクリックすると報酬がすることから、僕のような雑記ブログユーザーには高い人気を誇っております。

 

しかし、Google Adsenseは問題がありまして、、、

審査が非常に厳しいのです!!

 

コンテンツの内容や、サイトの高速化や、記事の量や、、、

色々厳しくなかなか通らないというのがGoogle Adsenseなのです。(詳しくは、Adsenseの規約を見てみてください。笑)

 

そこで僕はいくつか戦略を立てた上で、申請しました。

 

その結果、

 

10時間

 

で申請が通りました!

 

どのようなことに注意して申請したかを、これから審査に通るためのコツ・方法を解説して行きたいと思います。

(これから申請しようか考えている方は今からいう項目がちゃんとクリアーしているかをチェックして下さい。)

 

スポンサーリンク

①コンテンツの内容が規約通りになっているか

まずは、記事の内容についてです。

 

Google adsenseには以下の画像のような内容の制限が課されております。(以下のコンテンツは禁止です。)

google

引用:https://support.google.com/adsense/answer/1348688?hl=ja

 

こう見ると、アダルトや薬物はまだ分かりますが、

アルコールコンテンツや、ヘルスケアに関連するコンテンツも禁止にされているので、

案外注意が必要です。

 

あなたのサイトの内容はどうでしょうか?

 

当でぃめぶろぐは、ナンパや歌舞伎町の記事があったので、アダルト方面で引っかからないか、心配でした。

 

下記の記事のように、ナンパ、歌舞伎町といったアダルトを彷彿とさせるような内容を扱っていたからですね笑

 

実際、いくつかOUTな単語を使っていますが、上記のリンク先を見ればわかるように、工夫をしてあります。

 

仮に、禁止コンテンツを含んだ記事があるけど、削除はしたくない場合、単語の一部を○で隠すなどの工夫は必要です。

 

少しぐらいいいや!

 

と、

 

Googleのアルゴリズムの力を舐めてはいけません!

 

②コンテンツの量は十分にあるか

二つ目は簡単に言えば記事数です。

 

例えばユーザー目線で考えてみても、記事数1のブログよりも、記事数100ぐらいあるブログの方が信憑性の高いブログであるのは明確に分かります。(これは極端な話ではありますね。笑)

 

Googleさんも、記事数を一種の判断基準として、ブログの信頼性をみているのでしょう。

 

ともすれば、人間目線で、信頼できるブログの記事数をある程度判断できますよね。

 

あなただったら、どのくらいの記事数があれば、そのブログを信頼できますか?

 

僕は、この信頼できる記事数が最低20記事だと思ったので、20記事のときに申請を出しました。

 

結果として、10時間で申請が通ったので、20記事あれば確実でしょう!

 

また、1記事の質も重要です。1記事あたり100字とかだと少ないので、とりあえずは、1500字以上書いておくと良い記事だと判定されやすいです!(Googleは賢いので、パクリ記事は絶対にいけません。)

 

③ページエラーがでないかどうか

三つ目はページのエラーが出ないかどうかです。

 

何をいっているかと言いますと、googleのサーチコンソールのAMPやモバイルユーザビリティなどの項目でGoogleからエラーの通知が出てこないか確認するということです。

 

例えば、僕の場合は、「許可されていない属性または属性値がHTMLタグにあります」というエラーがAMP項目で出ていたので、申請前に直しておきました。

searchconsole

 

これは、Googleから、サイトをユーザーにとって快適なものにするための、「あなたのサイトのここを直してください」という指示であるので、確実に直して、合格にしておいた方がいいです。

 

④サイトのデザインが分かりやすいものであるか

四つ目は、サイトのユーザーにとって、デザインが分かりやすいものであるかどうかです。

Googleはユーザーの使いやすさを考えているので、どこに何があるかをシンプルに分かりやすく配置していればオーケイです。

 

基本的にこれは、Wordpressの有名なテーマでブログを作っていれば、基本的に何もしなくても大丈夫です。

(ちなみに僕のブログのテーマはcocoonです。)

 

⑤他のASPアドセンスを貼っていないか

三つ目はGoogle Adsense以外の広告を貼っていなかどうかです。

 

Googleは特に、他のASPアドセンスの広告を申請時に貼っているのを嫌います。(これはネット情報です。)

 

おそらく、利益を独占したいのか、データを集めたいかのどちらかの理由なのは確実ですよね。

 

しかし、普通に考えて、契約を結ぼうとしているのに、他の広告をたくさん貼ったりするのは、貴社の広告を使う意志を見せないとわざわざ言っているようなもので、マナー違反です!

 

ちゃんとGoogle Adsenseを利用する意志を見せる為にも、他の広告を審査前に貼り付けるのは、やめておきましょう。

 

⑥サイトの速度が速いかどうか

Googleはサイトが速いかどうかも見ております。

 

Googleの提供しているサイトのスピードを測るPageSpeed Insightで最低70以上は欲しいですね。(90以上が一番望ましいです。)

 

基本的にwordpressのテーマを使っていれば、そこまで遅いということは無さそうですが、もしも遅い場合は、サーバーを変更したり、画像を圧縮したり、キャッシュを消したりと対策はしておいた方がいいですね。

 

まとめ

以上が、Google Adsenseの審査に通るコツでした。

 

まとめると、

①コンテンツの内容が規約通りになっているか

②コンテンツの量は十分にあるか

③search consoleでエラーが出ないかどうか

④サイトのデザインが分かりやすいものであるかどうか

⑤他社の広告を使っていないか

⑥サイトの速度が速いかどうか

 

です。

 

言い換えれば、これは、

 

誰が見ても、快適に見れるブログであるかどうか

 

ですね。

 

日頃からユーザー目線でブログを作っていくことが何よりも重要です!

コメント