在校生から見た横浜国立大学理工学部と都市科学部の評判

横浜国立大学

こんにちは。

今回は、在校生から見た横浜国立大学の理工学部・都市科学部の評判についてを書いていきたいと思います!

 

横国は、結構、理工学部とは言っても、たくさんの学科EPがありますよね笑

引用:http://www.es.ynu.ac.jp/

 

ホームページを見ても正直何がなんだか分からないというのが本音だと思います。

 

僕も受験生の時、血なまこになって、ホームページを見ても、何がなんだかさっぱり分からなかったです。。。

 

受験生は生の情報を求めてますよね笑

 

 

結果的に偶然、今の学科で僕は合ってましたが、入学してから自分に合わず、退学してしまった知り合いも何人かいます。。。

 

そういうミスマッチが起こらないようにするためにも、各EPのイメージを独断で書いていきたいと思います!

 

ステータスの説明

楽さ:楽かどうかを表しております。数値が低いと病んでる人が多めです。

華やかさ:女子が多いかどうか、いけてる人がいるかを表しております。

就職の強さ:就職が強いかどうかの数値です。

 

スポンサーリンク

機械工学EP

ステータス

楽さ

華やかさ

就職の強さ

5

 

解説

まずは機械工学EPについての説明です!

機械工学EPは初めの方は学校でちらほらと見かけました。

 

 

しかし、大学二年生を境にして、全く学校で見かけなくなります。。。

 

 

何故ならば、大学二年生頃から専門科目がスタートし、朝から晩まで教室に缶詰だからです。。。。

 

このキツサから昔は「炎の生産工」とも呼ばれていたみたいですね。笑

※機械工学EPは、昔は生産工学科という名前だったそうです。

 

ちなみに女子は全くいません。

一応いますが、そこについては、察しでお願いします。笑

 

最初、イケイケだった知り合いも、気づいたら、メガネでしっかりと機械工学EPに染まってました。

 

恐るべし、、、、機械工学EP。。。。

 

その分就職はめちゃめちゃ強いです!退学しなければ、いいとこいけます!

機械に本当に興味がある方はおすすめです!

 

材料工学EP

ステータス

楽さ

1

華やかさ

1

就職の強さ

4

 

解説

材料工学は、結構レアな学部です。僕は知り合いの数だけは多いですが、2人しか材料工学の知り合いはいません。

 

共通して言えるのは、「機械工学EP第一志望で受けたけど、点数が足りなくて、材料工学になってしまった」と言ってたことです。

 

横国の受験制度では、機械工学EPと材料工学EPは併願できるそうなので、機械を志して、材料になった人は多そうですね。

 

それが関係してるのか、材料工学も男ばっかで、雰囲気は機械に近いです。

 

ですが、聞いた限りでは機械工学EPよりはまだ楽そうです。恐るべし、機械工学EP。。。。

 

海洋空間のシステムデザインEP

ステータス

楽さ

3

華やかさ

3

就職の強さ

4

 

解説

「海洋空間のシステムデザインEP」

 

なんかパワー感溢れる名前ですね笑

 

しかしやってることは、海洋学や、船や、航空宇宙工学など、結構魅力溢れる分野を扱っているのが特徴ですね。

 

その分倍率も僕の時は高かったです。

 

そして、海洋EPは理工学部の中では、華やかな方だと思います。

ちらほらと可愛い女子も知り合いにいます。

 

忙しさも理系の中では、平均クラスであり、程よいです。

 

航空宇宙や海に興味がある人には割とおすすめです!

 

化生(化学EP・化学応用EP・バイオEP)

ステータス

楽さ

1

華やかさ

5

就職の強さ

4

 

解説

化学EP、化学応用EP、バイオEPは、雰囲気が似てるので一緒に解説します。

当人からしたら、微妙に違いはあるはずらしいですが、側からしたら、全部一緒なようなものです。

 

化生は、一言で、

華やか

です!

 

化学生物系は女の子が集まるのでしょうか?理系とは思えないほどには、普通に女の子がいます。男も結構陽キャラ気質の人が多く、全体として華やかです!

 

しかし、研究は普通にガチです笑

 

機械や後ほど解説する電情ほどではないですが、普通に忙しそうです!

 

化学と華やかさを求めるのであれば、横国の化生はお勧めです!

 

数理科学EP

ステータス

楽さ

4

華やかさ

3

就職の強さ

3

 

解説

数理科学EPはバリバリ数学をやるので、数学が好きな人が多いです。

他のEPと違って、プログラムを組んだり、実験をするということがないです。

 

これにより、他のEPと比べて、のびのびと自由に勉強をすることが可能となっております。

 

女子は少なめですが、機械工学EPほど、闇な雰囲気はないですね笑

 

のびのびと数学を勉強をしたい方にはおすすめなEPです!

 

物理工学EP

ステータス

楽さ

4

華やかさ

3

就職の強さ

4

 

解説

管理人が所属している物理工学EPです。

物理と工学って何するんだろう?と思う方はいるとおもいますが、本当に色々なことをやっております笑

 

途中で専門分野が、理論と工学に分かれていて、理論の人は、量子力学や宇宙物理学を極めていますが、工学の人は、プログラムを組んだり、物性について実験したりと、幅広い分野を取り扱ってるのが強みだと思います。

 

就職も一般的に物理学科って悪そうですが、普通に結構強いです!大手の推薦枠が結構余ってたりするので大手志向の人は無双できます。

 

意外と可愛い女の子がいたりするのも、物理工学EPのいいところです!

 

(研究室によりますが)、そんなに忙しくもないので、何勉強しようか迷っている理系の方はおすすめです!

 

電子情報システムEP

ステータス

楽さ

華やかさ

就職の強さ

5

 

解説

電子情報システムEPは横国の中でも忙しいランキング1位、2位を争う忙しさです!機械EPといい勝負と言った感じです笑

 

なぜ忙しいかというと実験と、プログラミング、両方とも本気でやらなければならないからです。学科の特性上、電気電子、と、情報工学についてどちらとも学ばなければならないんですね。。。

 

僕の友達の一人は、辛すぎて、経済学部に転部しました。。。笑

 

電情の人も、大学二年生を境に全く学校で見かけなくなります。

 

その分、就職は引く手数多あります!歴史もかなりある学科なので、この分野に興味のある方にはおすすめです!

 

情報工学EP

ステータス

楽さ

3

華やかさ

3

就職の強さ

5

 

解説

情報工学EPは電情EPの影に隠れていますが、電子情報EPの情報分野だけを極めると行った感じの学部です。

 

だから、電情EPよりは、忙しくないみたいです。笑

 

これからの時代はエンジニアの需要が高まるので、プログラミングをやりたい理系の方ならここを専攻するべきです!!

 

就職も、かなり強いみたいですので、学生生活の忙しさと、就職のつよさの二つの観点で見ると、コスパの良いEPだと言えそうです!

 

都市科学部建築学科

ステータス

楽さ

1

華やかさ

5

就職の強さ

5

 

解説

建築学科は、僕が入った時は理工学部の建築EPでしたが、いつの間にか違う学部になってたみたいですね笑

 

建築学科は、おしゃれなイメージがあります。

 

理工学部のボロ校舎と違って、まず建築棟自体がかなり綺麗でおしゃれです!

これはかなり羨ましいです!

 

女子も多く、充実とした学生生活を送ることができそうな学科ですね!

 

ただ、建築棟は深夜でも灯りがついているのは気になります。。。笑

 

都市基盤学科・都市社会共生学科・環境リスク共生学科

ステータス

楽さ

4

華やかさ

3

就職の強さ

3

 

解説

都市基盤学科・都市社会共生学科・環境リスク共生学科は材料工学EP並みにレアです!

 

イメージとしては、理系の中ではかなりホワイトっていったところでしょう!

 

のびのびと、都市開発や環境について勉強しているイメージがあります。

それと学科の特性上か優しい人が多いです。

 

のびのびと都市開発について勉強したい方はおすすめな学科です!

 

番外編 経済学部・経営学部

ステータス

楽さ

5

華やかさ

5

就職の強さ

3

 

解説

お前ら、勉強しろ!

 

まとめ

以上が横浜国立大学の理工学部と都市科学部の実態です!

 

思うことは大学選びに受験生は目が行きがちですが、学科選びは非常に重要です!しっかりと自分が何をやりたいか見極めるようにしましょう!

コメント

  1. マコ より:

    数理科学epから早期卒業をし他大学の大学院に進学することは可能なのでしょうか。できたらご返答お願いします。

    • ディメディメ より:

      ご連絡ありがとうございます!
      調べた結果、原理的には、早期卒業し、他大学の大学院に進学することは可能です。
      しかしながら、早期卒業に関しての条件はどのEPでも厳しく、また、横国の学部時の研究室にそのまま院進する人がほとんどというのが現状ではあります。
      入学時から周りよりも意識高く勉強し、且つ、大学院試は割と情報戦争でもあるので、自ら情報をキャッチしていく姿勢が求められます。