ブログオワコン説は嘘だ!あり得ない!

ブログ

こんにちは。

 

最近よく、

 

ブログオワコン説

 

を唱えている方がいらっしゃいます。

 

有名ブロガーの方もよくそのことについて言及しており、不安になる方も多いかと思います。

 

でもよく考えてみると、僕の意見としては、

 

ブログは絶対に廃れることはないと思います。

 

つまり、

 

ブログオワコン説は嘘である!!

 

とデカデカと弱小ブロガーである管理人でぃめが断言しておきましょう。(言い過ぎたかもです笑)

 

なぜ、僕がブログがこれからも続いていくのかということについて、いくつか理由を言及して行きたいと思います。(主にYoutubeと比較していきます笑)

 

スポンサーリンク

①ブログほど情報を短時間でコスパ良く得られる媒体はない!

 

一つ目はブログは情報を得る上で効率が良いということです。

 

今、世の中で情報を得ようとした際に、皆さんはどうしますか?

 

新聞、テレビ、Google検索、Youtube、本、ラジオ、ニュースアプリ、SNS等々様々だと思います。

 

この中で圧倒的に効率よく、気軽に、安く、情報を得られるのは何だと思いますか?

 

新聞は読むの手間とお金がかかるし。。。
テレビ、時間がかかるし、情報を選択できないし。。。
Youtubeは面白いけど、情報を得るのに時間がかかるし。。。
本も金と手間がかかるし。。。。
ニュースアプリは面倒いし、、、、SNS、、、、、なんだろう、、、

 

 

そうですね。

 

 

Google検索です。

 

 

ググる」というワードができたように、Google検索は世の中の当たり前となりつつあります。

 

例えば、正体不明の腹痛などが現れた時、皆さんはどうしますか??

 

まず、

腹いてー。よし、Youtubeを見よう!

 

となる人は限りなく少ないと思います。

 

まずは、

この腹痛は何だ!ググって調べよう!評判の良い病院はどこだ?調べよう!

と、Google検索をしてみるというのが一般的な流れですよね。

 

10年後の未来はどうなっているかは僕も全く検討できませんが、

少なくとも、今現在の情報を得るための媒体を考えると、

短時間で、コスパよく情報を得るのに優れた、メディアサイトとブログはまだまだなくならないだろうというのが僕の見解です!

 

②ブロガーの数が減っていく一方で、ブログの需要は変わらない

 

①と繋がりますが、先ほどの腹痛の話のように、

 

ブログには需要があって、

Youtube には需要がないテーマ

 

というのが、普遍的に存在しています。

 

それに加えて、最近は、

 

Youtuberブーム

ブロガー→Youtuberの転換

 

が激しく起こっております。

 

つまり、頭の良い方なら気づきましたか??

 

ブログはこれからもコツコツと続けていけば、需要は一定数は必ずある

 

ということです。

 

したがって、動画には勝てない活字ならではのコンテンツを含めたブログを続けていけば、オワコンではなく、むしろこれからも成長産業であるということは、容易にわかります。

 

③新しい技術・イベントが増えるから情報の需要も増える

 

三つ目は情報の需要がさらに増えるということです。

 

これまでの20年間、日本、いや、世界は、凄まじく成長を遂げました。

 

20年前は、

まだスマートフォンも、

SNSも、

macbookも、

任天堂スイッチも、ありませんでした。

 

それどころか、携帯も、ノートパソコン、DSもありません。

 

 

今の僕たちからしたら考えられませんよね。笑

 

 

しかし、

 

それと同様のことが、今からの20年間起こります!

 

僕はエンジニアなので色々な方々から、聞きますが、

AIや、VR・AR・MR、電子マネー、シンギュラリティー、ブロックチェーン、5G、脳内チップ等の新技術が、世の中に益々浸透してきます。

 

今からは考えられないような未来になるわけですね!

 

 

すると、何が言いたいのかといいますと、

新しいことが増えると、新しい情報が増える

ということです。

 

こういう時に強い情報発信源は、Youtubeではなく、間違いなく、ブログです。

 

①でも解説しました通り、体系的な情報を短時間で得たい時にブログはとても必要不可欠なものなのです。

 

まとめ

 

以上より、ブログは、動画などのライバルである媒体が増えてきたものの、短時間で効率的に情報を得られるという他にはない特性から、一定多数以上の需要はこれからもありそうです。

 

というわけで、、、

 

ブログをこれからも続けていきましょう!!!

 

コメント