5分でできるMAMPでWordPressのローカル環境を開発する方法

wordpress

こんにちは。

 

今回はWordpressのローカル環境の開発方法を紹介いたします。

 

WordPressのローカル環境と聞くと初心者からすると難しい用に聞こえるかもしれませんが、実はとても容易くできます!

 

ところで、ローカル環境とは、Web上に公開されない、自分のパソコンのみで開発できる環境のことで、

・ブログorサイトを公開する前に、好きなだけ公開せずに無料で開発ができる。

・親テーマのversionを更新する際に、ローカル環境で試すことができる。

・サーバーサイトの、cssやPHPをいじる際、ローカル環境で実験できる。

・攻撃されてサイトが壊れてしまった+バックアップが取れていなかった際、サーバーサイト復旧ができる。

等のメリットがあります。

 

サーバー環境だけの方も簡単に移行することができますよ!

 

スポンサーリンク

具体的なローカル環境の開発方法

MAMPのインストール&設定

MAMPとは、Worepress関わらずにPHPプログラムのローカル環境を開発する際に便利なアプリケーションのことです。

 

細かいことは気にせず、とりあえずインストールしてみましょう!

 

https://www.mamp.info/en/からMAMPをインストールします。この際、MAMP proではなく、普通のMAMPで大丈夫です。(MAMPは無料版で、MAMP proは有料版ですが、無料版で十分です!

 

②MAMPの環境設定に移行し、以下の画像と同様の設定をします。詳しいことは気にしなくてオーケイです笑

 

環境設定に移動

起動と停止の設定

ポートの設定

phpのバージョン設定

サーバーの設定

これで完了です!

 

PHPMyAdminからデータベースを作成する

次にローカル環境用のデータベースを作成します。簡単にいえば、ローカル環境用のWordpressの記事や画像を保存する場所をつくると行った感じです。

 

これも簡単にできます。

 

①MAMPのStart Serversをクリックして、MAMPを起動します。起動すると、先ほどの設定により、http://localhost:8888/MAMP/?language=Englishが勝手に起動するはずです。

 

※英語が嫌な方はhttp://localhost:8888/MAMP/?language=Japaneseとすれば日本語になります。

②phpMyAdminをクリックします。

 

③データベース画面に遷移し、作りたいローカル環境のデータベース名を入力し、Collation(照合順序)を選択し、Create(作成)をクリックします。

 

ここでは、testというデータベースを作成しています。

成功するとtestというDBが追加されているはずです。

 

WordPressのインストール〜準備〜

https://ja.wordpress.org/を開き、「Wordpressを入手」をクリックします。

 

②wordpress5.0.2をダウンロードをクリックします。(バージョンは2019/1/9現在のもので常に変わります。)

 

③アプリケーションで開くを選択し、解凍したworpressフォルダーを/Applications/MAMP/htdocsの場所に移します。

ダウンロードにある、解凍したwordpressディレクトリーを、

/Applications/MAMP/htdocs (Finderだと、Apllicationsはアプリケーションとなっている)に移す。

 

④wordpressディレクトー名を任意の名前に変更します。これが、ローカル環境のURLである、http://localhost:8888/XXXのXXXの部分となります。

(僕の例ですと、http://localhost:8888/testとなります。)

 

WordPressのインストール〜実行〜

①http://localhost:8888/XXXを開きます。すると、wordpressのインストール画面になるはずです。左下の「さあ、始めましょう」を押下しましょう。

 

②データベースの設定画面となります。データベースはphpMyAdminで作成したものを入力してください!ローカル環境ですので、ユーザー名、パスワード名は、簡単にrootとするのが、よくあるパターンです。ホスト名とテーブル接頭辞は特に気にせず、以下の通りで大丈夫です。入力を終えたら「送信」をクリックします。

③「インストールの実行」をクリックします。

 

④アカウントの設定をします。ユーザー名とパスワードは、ログインする際に安全な場所にきっちりと残しておいてください。また、ユーザー名はadminとすることが多いです。「WordPressをインストールする」をクリックします。

 

WordPressのインストール〜確認〜

では、しっかりインストールできたか確認してみましょう!

 

①成功画面の左下のログインをクリックするか、http://localhost:8888/XXXからログイン画面に遷移します。

②必要事項を入力し、ログインをクリックします。

③成功していれば、管理画面にログインできます!

 

まとめ

以上がWordpressのローカル環境の開発方法となります。

無事できたでしょうか??

 

WordPressの使い方等はまた詳しく書きたいと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

 

コメント