歌舞伎町ボッタクリ大事件

笑い話

先日テレビを見ていた際、

 

「桜井 野々花さん」という歌舞伎町人気のNo.1キャバ嬢の特集がやっておりました。

 

彼女は、歌舞伎町の中でキャバ嬢として、そして、経営者としての二つの顔を、

持つらしく、男の僕でもカッコいいと思いました。

 

可愛かったので、とりあえずはインスタフォローしときました。

 

そんな中、ひたすら流れる、

 

歌舞伎町

 

というパワーワード。

 

僕の忌まわしき思い出が蘇ってきました、、、

 

スポンサーリンク

1.大学二年生の時の話、、、

 

あれはいつだったかな。大学二年生の時?

 

僕はバイト先の上司と前々から地元横浜の風○に行くことになっておりました。

 

風俗はその場のノリで行くのが僕の鉄板ですし、男のロマンだと思いますが、

 

上司は○俗が初めてらしく、

 

前々から

「この日に行くぞ!!!」

というので、日程は決まっておりました。

 

また、その上司を喜ばせようと、

僕は前々から綿密にお店と女の子を目星つけておりました。

 

 

そして、当日、、、、

 

まずは一次会は地元の横浜で、軽く一杯、、

 

 

のはずが、

 

「それがそれが、もうめちゃめちゃ飲むじゃないですか!!!笑」

 

おそらく上司は相当楽しみにしていたのでしょう。

 

気付いた時には、僕も上司ももベロベロになっておりました。

 

 

2.いざ!風○へ!のはずが、、!?

 

そして、いざ!!風○へ!

 

 

と思いきや、上司から、パワーワードが一言、、

 

 

せっかくだし歌舞伎町へ行こうZE☆!

 

 

 

 

「・・・・・・・・」

とシラフの時はなりますが、

僕も酔っ払っていたので、

後は野となれ山となれ、快諾しました笑

 

酔っ払いつつも、

どこの風○がいいか電車の中で、

「歌舞伎町 風○ 安い」「歌舞伎町 ○俗 有名」「歌舞伎町 ○ルス」・・・

 

必死に検索しました。

 

あの電車の短い間で必死に頑張ってある程度、目星はつきました。

 

ここにしましょう!

 

と上司にいうと、

 

上司も

 

いいね!!!

 

 

と了承してくれました。

 

3.歌舞伎町到着!そして、、

 

そして、歌舞伎町の一番街に到着!

 

目的のヘルスに向かっていると、

 

スタスタ、スタスタ、と男の人が近づいてきました。

 

 

 

お兄さんお兄さん、女の子どうっすか?

 

 

 

これが悲劇の始まりでした。

 

無視をすればいいわけですが、

酔っ払っていると、また別の話、、、

 

 

どの子???

 

 

上司が光の速さで反応しました。

 

 

この写真の子です!

 

写真を見ると、そこにはもう、明日花キララのような、

とんでもないオッパイのでかい美人がいました。

 

僕も上司も顔にやにやで、

いくらですか!?

と食い気味に聞きました。

 

男は、

50分15000円です。歌舞伎町の相場がこのくらいなのでこれ以上は下げれません。他の風○に行くなら、同じ値段で可愛い子が付くここがお勧めです!

と、酔っ払っている僕らに鬼の営業をしてきました。

 

僕も調べたところは、そのくらいだったので、

「まあいいか」

と思い、男について行くことにしました。

 

上司も、

行くぞ!!!!

とそれは、もうとても、ノリノリでした。

 

ついて行って見ると、

お店!

 

ではなく、なんと、

 

 

路地裏

 

 

に連れて行かれました笑

 

そこで、怪しいと思うべきでしたが、

お酒って怖いですよね笑

 

男は言いました。

そこのホテルがプレイ場所となっております。このような形態のホテルでプレイする場合は風営法○◯条により、我々スタッフはついていけないことになっております。受付に◯◯の案内でとお伝え下さい。それと、今、前払いでお願いします!

 

とてもそれっぽいことを言うじゃないですか笑

 

僕も、上司も、

早くやりたい!

と思い、

そこで、普通に15000円払い、ホテルに行きました。

 

そして、階段を上がり、ホテルの受付に行きました。

 

そして男に言われた通りに、

 

〇〇さんの案内できました!

と言いました。

 

 

すると受付の人は、

 

 

そんな方知りませんし、当ホテルは普通のホテルです。

 

 

「。。。。。。。。。」

 

つまりですよ。

 

よくある手口の、

ぼったくられて、とんでもないブスが来るとかではなく、

ただただ、お金は空のkanataに飛んで行ったわけです。

 

急いで階段を降りても、

男は跡形もなく消えていました。

 

 

ゼーハーゼーハー

 

 

これが僕と上司の経験した、

 

歌舞伎町

 

でした!

 

コメント